2019.01.16

錦織圭、全豪OPは辛勝スタート。
次戦は「あまり好きな対戦ではない」

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

絶好調とはいかないまでも、粘り強く戦った錦織圭 昨年は、右手首のけがの回復が間に合わずに全豪オープンの欠場を余儀なくされた錦織圭だったが、29歳になって迎えた2019年シーズンのツアー開幕戦、ATPブリスベン大会で初優勝して最高のスタートを切った。

「(ブリスベンで)すごくいいテニスができていました。それが一番自信になるので。優勝したこともよかったですけど、それよりも、やっぱり内容がすごくよかったというのが、今週(オーストラリアンオープンの週)さらに戦っていくうえで、とても大きな自信になってくれると思う。その自分のテニスの調子を落とさないように、準備して1回戦に臨みたいですね」

 こう語っていた錦織は、メルボルン入りしてからも調子のよさを見せていて、錦織のツアーに帯同するマイケル・チャンコーチとダンテ・ボッティーニコーチも、いいテニスができていると語っていた。

「圭はいいプレーをしていますね。今年もブリスベンでいいスタートが切れました。(昨年12月の)ハワイ(でのエキシビションマッチ)でもいいプレーができていました。いいスタートが切れたので、その過程で自信を深めることができています。いい形で試合に臨めると思います」(チャンコーチ)

「いいスタートを切れて、とてもうれしいです。彼のメンタルもフィジカルもとてもいいですし、いいテニスをしています。オフシーズンもいい時間を過ごすことができていた」(ボッティーニコーチ)

 おそらく多くの人が、全豪オープンで錦織圭がいいスタートを切ると期待していただろう。もちろん錦織本人も、そう考えていたはずだ。だが、初戦は予想に反して思いがけず苦戦を強いられた。

 今回、錦織はフアン・マルティン・デル・ポトロ(5位、アルゼンチン)が右ひざのけがによって欠場したため、第8シードに繰り上がった。

 迎えた1回戦では、カミル・マイクシャク(176位・ポーランド)と初対決。予選を勝ち上がったマイクシャクは、初めてグランドスラム本戦の舞台に立った選手だ。

「錦織のようないい選手とプレーするのは初めてでした。グランドスラムデビューで、自分にとっては悪いドローで、タフな試合になることはわかっていました。圭はトップ10にいて、ツアーで優れた選手のひとりです」