2016.05.26

「大会中もトレーニング」。フィジカル強化の錦織圭が全仏3回戦へ

  • 神仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

全仏2回戦も初戦に続き、ストレート勝ちした錦織圭 ローランギャロス(全仏)2回戦で、第5シードの錦織圭(ATPランキング6位、5月23日付、以下同)が、アンドレイ・クズネツォフ(40位、ロシア)を、6-3、6-3、6-3で破り、2年連続で3回戦に進出した。

 第1セット第3ゲームで、「(錦織の浅いボールを)ステップインして、クロスにたたいてきた」と錦織が語ったように、クブネツォフが、得意のフラット系のストロークで早めに展開し、錦織のミスを誘って先にブレークに成功した。

「(クズネツォフとは2010年イーストボーン大会以来)久しぶりの対戦で、様子を見過ぎていた。(第1セット)1-3になってまずいな」と反省した錦織は、トップスピンを多めにかけたり、ボールの軌道を少し高く山なりにしたり、ストロークのペースを落として、単調なリズムにならないようにした。軌道修正をした錦織は、第6ゲームでブレークバックに成功して、試合の主導権を取り戻した。