2016.03.25

錦織圭、マイアミOPでの「マスターズ1000」初制覇に手応え

  • 神仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 錦織圭(ATPランキング6位、3月21日付、以下同)は、3月23日に開幕したマイアミオープンで、昨シーズンから目標のひとつにしているマスターズ1000大会の初優勝を目指す。
マイアミオープンでは過去、好成績を収めている錦織圭

 マイアミ大会は、テニスの4大メジャーであるグランドスラム(以下GS)に次ぐマスターズ1000(以下MS)のグレードの大会だ。MSは年9大会あり、トップ10選手には出場義務が課されている(モンテカルロ大会だけは、義務なし)。出場するトップの顔ぶれは、GSと一緒だが、GSのように5セットマッチではなく、3セットマッチを戦う(マイアミでは、2007年まで決勝だけ5セットマッチだった)。

 また、マイアミ大会は、インディアンウェルズ大会と同様の96ドローの大型大会で(他のMS6大会は56ドロー、パリ大会は48ドロー)、"第5のグランドスラム"とも呼ばれている。グランドスラムと同じく、シード選手は32人だが、1回戦は免除されて、2回戦から戦い、大会期間も通常のツアー大会のように1週間ではなく、12日間かけて行なわれる。

 MSで優勝すると、ランキングポイントを1000点獲得でき、トップ選手のランキングへの影響も大きい。トップ10選手に定着している錦織にとって、マスターズ大会はより結果が求められる、いわばツアーの主戦場といえる。だからこそ、錦織の意識はより高いものになってきている。