2015.06.01

わずか1時間56分。錦織圭が「ひらめいた」クレー勝利の方程式

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki   photo by AFLO

 短く切った髪に合わせて......というわけでは決してないだろうが、錦織圭の全仏オープン4回戦は、試合時間もぐっと短縮された。

髪の毛を短くカットして4回戦を完勝した錦織圭 4回戦の対戦相手は、上位陣を次々と破り好調のティムラズ・ガバシュビリ(ロシア/世界ランキング74位)。5年前も全仏オープンで4回戦に進出した、クレーを得意とする選手だ。その難敵相手に、6-3、6-4、6-2の快勝劇。試合時間は、わずか1時間56分だった。これは初戦の2時間10分、そして2回戦の2時間22分を上回る、スピード決着である。

 試合時間が短い理由は端的に、「ラリー数」に反映されている。この試合の総ポイント「187」のうち、4回以内のラリーで決着がついたのは、約68パーセントの「127」。ちなみにこの127本のうち、71ポイント(約56%)を錦織が奪っている。5回~8回のラリーでは、48本中29本(約60%)を錦織が奪取。9回以上ラリーが続いたのはわずかに12本で、両者6ポイントずつを分け合った。

 また、この試合の最長ラリーは14回。これは、ラリーが続きやすいクレーでは相当に短い回数である。参考までにいうと、同じ日に行なわれたスタン・ワウリンカ(スイス/9位)対ジル・シモン(フランス/13位)戦の最長ラリーは27回。対戦相手のプレースタイルや力関係なども関係してくるので、単純には比べられないものの、この日の錦織の試合がいかに、「早いタイミングで勝負を仕掛ける打ち合い」であったかを示す尺度にはなるだろう。