2021.01.11

桐蔭学園が花園で連覇できた理由。伝統にプラスして見せた新スタイル

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 記念すべき100回目の「花園」こと全国高校ラグビー大会が無事に閉幕した。

 例年より12校多い過去最多63校が参加した今大会は、コロナ禍の影響により全試合無観客で実施。決勝戦は「東の横綱」桐蔭学園(神奈川)に、勝てば初優勝の京都成章(京都)が挑むカードとなった。

2年連続3度目の優勝を果たした桐蔭学園2年連続3度目の優勝を果たした桐蔭学園  試合前半、2年連続3度目の優勝を狙う桐蔭学園は、「ピラニアタックル」と称される激しい守備が持ち味の京都成章に苦戦する。先にトライを奪うも追いつかれ、前半を10−10で折り返した。

 この試合、桐蔭学園のテーマは攻守にわたって「1センチでも前に出る」ことだった。桐蔭学園を率いる高校ラグビー界の名将・藤原秀之監督は、ハーフタイムで「自分たちのやることを明確にして楽しめ!」と選手たちに声をかけたという。

 主将としてチームを引っ張ったNo.8(ナンバーエイト)佐藤健次(3年)は、この時のことを試合後に振り返る。

「藤原先生、最後に『楽しんでこい』ってすごいなと思いました。しんどい試合でも楽しむ心を意識できた。(スクラムハーフを起点にした)9番からのアタックで前に出ていたので行けると思っていました」

 ハーフタイムで刺激を受けた桐蔭学園のフィフティーンは、後半一気に畳みかける。

 後半早々、日本トップクラスの前に出るディフェンスで京都成章のミスを誘ってFL(フランカー)粟飯原謙(3年)がトライ。その直後も左右にボールを動かしながら攻撃を継続し、LO(ロック)青木恵斗(3年)が縦に突いてWTB(ウィング)今野椋平(2年)のトライにつなげた。後半11分にペナルティゴール、後半18分にオフロードパスを3本つないだ華麗なトライも加え、32−10と勝負あり。

 今大会も桐蔭学園は伝統の「継続ラグビー」を展開したが、ただボールをつなぐだけではなかった。勝負どころではボールを左右に大きく動かしつつ、相手に隙ができるとFWとBKが一体となってオフロードパスで縦につなぎ、さらにはグラバーキックをうまく使うなど、進化したスタイルを見せた。