2020.04.13

日本代表の異色ラガーマンに家はなし。
全国でステップ対決を実施中

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 来年に延期された東京五輪に向けて、日々黙々とトレーニングを重ねている異色の選手がいる。男子7人制ラグビー(セブンズ)日本代表候補のひとり、27歳の林大成だ。

2018年から7人制ラグビーに専念している林大成 世界を転戦するワールドシリーズ(WS)への来季昇格をかけて、男子セブンズは2020年2月にチリとウルグアイの南米2大会に出場した。林はそのメンバーから落ちてしまったものの、招待された3月のWSバンクーバー大会では代表に復帰し、見事なステップからトライを奪取。「自信になった」と、アピールすることに成功した。

 大阪市瑞光中学でラグビーを始めた林は、もともと15人制ラグビーの有望な選手だった。東海大仰星で花園に出場し、東海大ではキャプテンにも就任。大学卒業後の2015年にはキヤノンイーグルスに加入するなど、ラグビー選手として王道を歩いてきた。

 社会人2年目にはプロ選手となった。だが、その頃から林の気持ちに変化が現れる。日本一を目標にチーム一丸となってラグビーに専念していた学生時代と比べると、トップリーグの中堅チームであるキヤノンでのプレーには、少し物足らないものを感じていたという。