福岡堅樹、7人制ラグビー仕様に変身。
東京五輪で有終の美へ

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji


 最後に、東京五輪への抱負を聞いてみた。

「自分がどうなっても、最終的に後悔しないような大会にしていければいい。本当に今できることを100%やって、最高の結果を得られるように、目の前のことを一生懸命やっていきたい」

 リオ五輪に出場した福岡だが、この時は大会1週間前にレギュラーの座を奪われ、ベスト4に大きく貢献したとは言いがたい。現在、日本代表候補は30名ほどで、12名しか東京五輪のピッチに立つことはできない。

 ラグビー人生最後となる大舞台で、福岡は有終の美を飾れるか。

6 / 6

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る