2020.03.22

男子セブンズの中軸、藤田慶和と
松井千士は「4年前の悔しさ」をバネに

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 東京五輪まで、残り4カ月あまり——。正式種目となったリオデジャネイロ五輪で4位に入賞した「セブンズ」こと7人制ラグビー男子日本代表は現在、30名ほどの代表候補が最終メンバー12名の枠を争っている。

東京オリンピック出場を目指す松井千士(左)と藤田慶和(右) その代表候補のなかで中軸としてチームを引っ張っているのは、4年前のリオ五輪時は観客席から試合を見つめ、悔しい思いをしたふたりだ。

 26歳の藤田慶和(パナソニック ワイルドナイツ)と、25歳の松井千士(ちひと/サントリーサンゴリアス)。今シーズン、ともにトップリーグには出場することなく、セブンズに専念している。

 東京五輪に向けて、ふたりはこう意気込む。

「刻一刻と近づいているが、ひとつひとつ目の前のことをクリアして、階段を登るイメージでオリンピックまで突き進んでいきたい」(藤田)

「目標はメダルを獲ることです。セブンズでラグビーを盛り上げられるようにがんばりたい」(松井)

 ふたりはともに「快足ランナー」として、高校時代からスタジアムを沸かせてきた。イケメンとしても知られ、ラグビーファンにはすっかりお馴染みの選手である。