2018.04.09

サンウルブズ開幕6連敗。それでもW杯へ、
チームは成長しているのか

  • 松瀬学●文 text by Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 春の嵐のごとき強風に、何度もサンウルブズファンのため息が交じる。東京・秩父宮ラグビー場の観客数は9707人。今季の秩父宮開催ゲームで初めて1万人を割った。

 もうちょっと……あと1本パスが通じれば、トライになるのに。攻め込んでのそんな場面がわんさとあった。残り4分、交代出場のスクラムハーフ田中史朗の短いパスがインターセプトされ、一気に自陣ゴール前まで押し返された。

 4月7日、スーパーラグビーのサンウルブズは豪州代表を何人も擁したワラタスに29-50で敗れた。これで開幕6連敗となった。試合後の記者会見、主将の流大(ながれ・ゆたか)は悔しそうに漏らした。

「アタック自体は機能していました。でも、フィニッシュのところ、もうちょっとボールをキープできていれば、と。パスミスしたり、ボールを失ったり……。遂行力(の不足)というのは敗因のひとつだと思います」

 同情の余地はある。骨折のリーチ マイケルほか主軸にケガ人が相次いだこともあって、メンバーは固定されていない。コンディショニングの問題もあり、選手を休ませながらチームをつくらざるをえないのだ。

サンウルブズFW陣を引っ張る堀江翔太(左)

 だから、メンバーは試合ごと、大幅に入れ替わっている。おのずと微妙な連係プレー、コミュニケーションが難しくなろう。呼吸が合わない。日本代表キャップ(国別対抗出場数)「55」を誇るサンウルブズ初代主将のフッカー堀江翔太も、こう言った。

「アタックを続ければ、相手にもっとプレッシャーになったのかな。やっぱりメンバーがいろいろ変わっているなかで合わない部分がある。アタックでミスして相手にとられた」

 スーパーラグビーの記録をみると、プレー中に攻撃権を相手に渡すターンオーバーは「18」を数えた。相手はわずか「5」。ワラタスはタレントぞろいで、判断、スピード、基本技術は高く、鋭く切り返された。

 トライは7本、奪われた。とくに「ファースト20分勝負」(流)としていた時間帯に3本とられた。前半20分で7-24となった。これではチームはリズムに乗れない。