2017.11.04

ラグビーW杯は日程も会場も日本優遇。
「プレッシャーをプレジャーに」

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 初のベスト8進出を狙う日本代表にとって、2019年ワールドカップはホームの利を活かせる大会となりそうだ。

 11月2日、東京都内のホテルにて第9回ラグビーワールドカップ全48試合の日程、対戦カード、スタジアム会場が発表された。2019年9月20日の開幕戦(東京スタジアム)と11月2日の決勝戦(横浜国際総合競技場)はすでに決定済みだったが、決勝戦までちょうど2年となるこの日、残りの46試合もすべて明らかとなった。

2年後のW杯に意気込むジェイミー・ジョセフHCとリーチ マイケル ラグビーワールドカップは出場20チームがA~Dの4つの予選プール(組)に分かれて総当たり戦(計40試合)を行ない、上位2チームが決勝トーナメント(計8試合)へと進出する。A~D組のプール分けはすでに5月に決定しており、下記のとおりだ。

【プールA】 ※カッコ内の数字は10月30日現在の世界ランキング
アイルランド(4)/スコットランド(6)/日本(11)/ヨーロッパ地区1/ヨーロッパ・オセアニア大陸間プレーオフ勝者
【プールB】
ニュージーランド(1)/南アフリカ(5)/イタリア(14)/アフリカ地区1/敗者復活予選優勝チーム
【プールC】
イングランド(2)/フランス(8)/アルゼンチン(10)/アメリカ(17)/トンガ(13)
【プールD】
オーストラリア(3)/ウェールズ(7)/ジョージア(12)/フィジー(9)/アメリカ地区2