2017.10.30

ラグビー日本代表のスーパーサイヤ人、
レメキが世界選抜戦でパワー炸裂

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 1年ぶりとなる代表復帰戦、リオ五輪で輝いたオリンピアンがその実力を発揮した。

 10月28日に福岡・レベルファイブスタジアムで行なわれた世界選抜との強化試合。世界7ヵ国の元代表選手やトップリーグ所属の外国人選手で構成された世界選抜チームには、元日本代表FB(フルバック)五郎丸歩(ヤマハ発動機)もメンバー入りして話題を呼んだ。対する日本代表は、11月に行なわれるオーストラリア戦やフランス戦に向けて、若手とベテランをミックスしたメンバーで臨んだ。

靭帯断裂の大ケガを経て代表復帰を果たしたレメキ ロマノ ラヴァ 前半、準備期間が1週間もなかった混成チームに対し、日本は13―14で折り返す。しかし後半に入ると、相手BK陣の巧さ、そしてFW陣の圧力に屈して計7トライを献上。27-47の大敗を喫する結果となった。ただ、そのなかで唯一、細かいステップとフィジカルを武器に気を吐いていたのが、昨年11月以来の代表復帰戦となった28歳のWTB(ウイング)レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ)だ。

 愛称は「マノ」。トンガ出身の両親を持つニュージーランド生まれのレメキは、日本人の女性と結婚してふたりの息子のパパでもある。2014年に日本国籍を取得し、昨年のリオデジャネイロ五輪では7人制・日本代表のエースとして君臨。ベスト4進出の立役者となり、大会の「ドリームセブン(ベスト7)」にも選出されて世界のラグビーシーンに名を轟かせた。