2016.12.24

2019年ラグビーW杯まで1000日。
「今やってほしい5つのこと」

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 12月24日からちょうど1000日後となる2019年9月20日、日本でラグビーワールドカップ(W杯)が開幕する。2009年7月に自国開催が決定し、もう6年が経過していることを考えると、日本に「世界3大スポーツイベントのひとつ」がやってくる日は、あっという間だ。

1000日後のW杯でも、あの感動をふたたび味わえることができるだろうか そこで今回は、日本ラグビー界で課題となっていることを考えてみる。「もっとこうしたらいいな」と普段から思っていることを、私見ではあるが、「プレイヤーズファースト」「代表チーム強化」「ファンがもっと楽しめる」という視点に立って、5つほど挙げてみたい。

 まず、ラグビーW杯での活躍を第一に考慮するのであれば、日本代表選手の試合数をコントロールすることは必須だろう。多くの主軸選手が11月の国際試合を「諸事情」で辞退した理由のひとつに、この「試合数の増加」があることは間違いない。

 昨年から日本チーム「サンウルブズ」が南半球最高峰リーグのスーパーラグビーに加入した影響もあり、トップ選手は最多で年間40試合ほどプレーしている。日本代表選手が心身ともに2019年のW杯をトップコンディションで迎えるためには、もう少し楕円球から離れる時間が必要だろう。たとえば、「日本代表にフルで参加した選手は、トップリーグとサンウルブズの試合を2試合ずつ休まなければならない」などの規定ができれば、どんなに多くとも年間33試合前後に抑えられるはず。