2015.07.11

【ラグビー】大畑大介が語るW杯「希望を込めて、日本は3勝2敗」

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • 石山慎治●写真 photo by Ishiyama Shinji

日本ラグビーのカリスマ 大畑大介さんに聞く
2015W杯 ジャパンの勝算(前編)

 9月18日に英国イングランドで開幕するラグビーワールドカップ(W杯)まで、70日を切った。上昇気流に乗る日本代表への期待度は高まる一方である。では、日本ラグビーのレジェンドたちは今年のW杯と日本代表をどう見ているのか。

 まずはトライの世界最多記録(69)を持つ元日本代表エース・ウイングの大畑大介さんの登場である。39歳とは思えない精悍な風貌。今にも走り出しそうな雰囲気を醸し出しながら、W杯に対する心情を熱く語ってくれた。

日本にラグビーを普及させるため、多くのメディアに 出演し、全国を飛び回っている大畑大介さん

――W杯を実際に戦って感じたことは?

大畑 僕自身がW杯ってすごいなと感じたのは、初めて出場したウェールズ大会(1999年)です。そのウェールズ戦のカーディフ。朝起きて、ホテルの窓のカーテンを開けたら、街が(ウェールズ応援団で)真っ赤っかになっていました。相手の国歌斉唱で目をつぶって立っていたら、全方位から歓声が聞こえてきて、自分がどこにいるのかわからなくなった。ラグビーというものが街というか、国を動かすものだと感じたのがW杯でした。

――そのウェールズ戦でトライをしました。

大畑 その前のサモア戦でパフォーマンスがよくなかったので、バショップ(スクラムハーフ)から気持ちが入ってないって怒られたのです。"覚悟を決めてくれ"と。だから、気持ちが入っていた。"絶対、勝負するから1本放ってくれ"と言っていたんです。