2015.04.07

【ラグビー】東京セブンズでベスト8。リオ五輪は近づいたか?

  • 斉藤健仁●文・写真 text & photo by Saito Kenji

 2012年から男子セブンズの日本代表を率いる瀬川智広ヘッドコーチ(HC)は、しみじみと語った。

「ひとつの目標だったベスト8に入れたことは、本当に嬉しい」

世界の強豪相手に鋭いステップを披露した藤田慶和 2016年のリオデジャネイロ五輪から正式種目となる「セブンズ」こと、7人制ラグビーの国際大会「東京セブンズ」が4月4日~5日に東京・秩父宮ラグビー場で開催され、日本代表は2000年の同大会以来、15年ぶりにベスト8に進出した。

 東京セブンズは、世界各地を転戦する「ワールドシリーズ」全9大会のひとつで、リオデジャネイロ五輪の予選も兼ねている(総合ポイント上位4チームが出場権を獲得))。日本代表は今シーズン、初めてワールドシリーズ9大会すべてに優先的に出場できる「コアチーム」に昇格していた。

 ただ、他国の代表チームの多くがメンバーを固定している中、日本代表はケガ人が続出。また、メンバーの中には15人制ラグビーを掛け持ちしている選手もおり、後手を踏んでいた。その結果、昨年10月から始まった今シーズンのワールドシリーズでは、開幕から5大会連続で15位タイの最下位と低迷していた。

 3月下旬のワールドシリーズ第6戦・香港大会こそ14位となったものの、総合ポイントではコアチーム最下位の15位(7ポイント)。このままと、昇格わずか1年で自動降格してしまう。来シーズンもワールドシリーズで戦うためには、総合14位(22ポイント)のポルトガル代表を、残り3大会で上回らなければならない。