2020.03.30

NFL史上最高QBブレイディ電撃移籍。
ペイトリオッツを離れた真相は?

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by AFLO

 個人としては史上最多、6度のスーパーボウル優勝を経験し、NFL史上最高の選手と呼ぶ声も多い。スーパースター中のスーパースター、QB(クォーターバック)トム・ブレイディがプロ入り以来、20年プレーしてきたニューイングランド・ペイトリオッツを離れ、タンパベイ・バッカニアーズへの移籍を決めた。

ブレイディが20年プレーしたペイトリオッツを離れることになった 昨季、ペイトリオッツがポストシーズン1回戦で敗れると、すかさずブレイディの引退か現役続行かの去就に注目が集まった。だが、のちに本人が後者を表明すると、関心は2020年シーズン、彼がどのチームのユニフォームを着ているかに移った。

 フリーエージェント市場が正式に幕を開けた3月18日、ブレイディがSNS上でペイトリオッツから去る表明をしたことで、それまで凪(なぎ)だった海面は大波へと変わった。そして21日、正式にバッカニアーズと契約を結ぶ。

 契約内容は、2年で計5000万ドル(約55億円)。全額が保障されるものとなっている。これ以外に、年450万ドル(約5億円)のインセンティブもつく。これまでのペイトリオッツでの最高年俸が2300万ドル(約25億円)であるから、キャリア最高額をもらうことになる。