2020.03.10

石川佳純が目指すのは「最強のプレー」。
東京五輪でリベンジを期す

  • 佐藤主祥●取材・文 text by Sato Kazuyoshi
  • photo by AFLO

「五輪でプレーする時に一番大事なのは、心」と語る石川

「本当に長くて苦しい、今まで一番厳しくつらいレースだった。頑張りたいのに結果が出ない苦しい時期が続いたので、本当に精神的にキツかった」

 昨年12月、ITTFワールドツアーグランドファイナルの試合を終え、女子シングルスの東京五輪代表権を勝ち取った石川佳純は、2019年の戦いについてこう振り返った。その言葉からは、いかに五輪代表を巡る選考レースが過酷なものだったかを切実に物語っていた。

 この1年間、彼女たちはどれほどの重圧を抱えながら過ごしてきたのだろう。

 振り返れば、昨年1月時点の世界ランキングでは、石川が3位、伊藤美誠が7位、平野美宇が9位。石川は "みうみま"を上回り、五輪候補一番手でスタートを切っていた。

 しかし、3月のLIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会といった世界ランクのポイント対象ではない大会では優勝していたものの、その後のワールドツアーでの栄冠は掴めず。6月のITTFワールドツアー・香港オープンの2回戦で、当時世界ランキング46位の王芸迪(ワン・イーディ/中国)に敗れた際には、「こういう若手の選手に負けていたら五輪は出られない」とベンチで涙を流した。