「リアル桜木花道」と呼ばれた男が好きなのは魚住純!? 川真田紘也はバスケW杯出場後に何が変わったのか

  • 青木美帆●取材・文 text by Aoki Miho

今季は攻撃面に意識を強く置く川真田紘也 photo by SHIGA LAKES今季は攻撃面に意識を強く置く川真田紘也 photo by SHIGA LAKESこの記事に関連する写真を見る

「リアル桜木花道」川真田紘也インタビュー 後編

 昨夏のFIBAバスケットボール ワールドカップの男子日本代表で、「リアル桜木花道」として話題を呼んだ赤髪のビッグマン・川真田紘也(滋賀レイクス)。ポジションとするセンターは、アメリカやヨーロッパでキャリアを積んだ猛者が揃い、Bリーグで最も世界基準を体感できるポジションだ。切磋琢磨の日々を重ね、ワールドカップ前に話していた「3人目の外国籍の選手のような存在になりたい」という理想の選手像を目指している。11月に負傷で長期離脱をしたものの、年明けからB2西地区首位を走るチームに戦線復帰を果たし、再びその存在感をアピールし始めている。
 川真田にワールドカップ後のコート内外の変化やパリ五輪に向けた抱負を聞いた。

【点を取ってナンボ、という意識に】

――今シーズンの半分が消化したタイミングです。ここまでの振り返りをお願いします。

「僕やフィリピン代表でワールドカップに出たキーファー(ラベナ)の合流が遅れたこともあって、シーズン序盤は少しプレーが合わず黒星が先行しましたが、勝つべき試合は勝てているし、ここまでは順調だと思います。ただ、小さいことの積み重ねでもう7敗しているので(23勝、1月19日時点)、改善は必要です」

――離脱した時期があるとはいえ、今シーズンは得点、リバウンド、出場時間など、主要スタッツのほとんどでキャリアハイを更新しています。ワールドカップ効果もありますか?

「そうですね。去年まではどちらかというとディフェンス寄り、相手のビックマンを守る選手というイメージがあったと思うんですけど、今季はワールドカップを経験したことで、やっぱり得点ももっと狙っていこうという意識が生まれました。点を取りに行く選手ほど良い選手、点を取ってナンボだなと。ワールドカップの経験は良い成長、プラスになっています。

――天理大時代や滋賀に入る前は、得点への意識はあまり強くなかった?

「大学まではこの身長(204cm)だけでなんとかなったところがありましたし、天理はセンターに攻めさせるスタイルだったので、得点の意識は強かったです。ただプロではマッチアップする相手が自分よりでかい、大きい、うまいのが当たり前なので、壁にぶつかりました。

ただ、今はチャンスがあれば自分が行く気持ちが強いですね。ゴール下でボールをもらったら自分のボールだと思って、力強く点を取りに行く。それがうまいこと作用して、今シーズンは2ケタ得点をマークする試合が増えてきました」

――ワールドカップや親善試合でいろんな強豪国のビッグマンと対峙されました。Bリーグでプレーする上で、気持ち的に余裕が生まれたところもありますか?

「そんなことはないです。Bリーグのセンターは本当にうまい人が多いし、全然勝てないことも多いので。でもワールドカップで"Bリーグで外国籍選手とやり合えないと世界クラスでは戦えない"ことを体感したので、そこは逃げずにバチバチやっていく意識を持ってやっていますね。相手が外国籍の選手だろうとなんだろうと」

――イメージされるのはぶつかり合いながら得点を取りに行くことでしょうか? テクニックでいなすことも考えていますか?

「どっちもですね。ゴール下で当たり合いながら決める時もありますし、ピック&ロールでボールをもらった後に、状況を見てシュートを打ったり。両方でどんどん成長できていったらいいなと思って、頑張っている途中です」

1 / 3

プロフィール

  • 青木美帆

    青木美帆 (あおき・みほ)

    早稲田大在学中に国内バスケットボールの取材活動を開始。雑誌『中学・高校バスケットボール』編集部を経て独立し、学生、Bリーグ、日本代表などを取材。著者として『青春サプリ。心が元気になる、5つの部活ストーリー』シリーズ(ポプラ社)を執筆。構成として『異なれ 東京パラリンピック車いすバスケ銀メダリストの限界を超える思考』(鳥海連志/著・ワニブックス)、『指導者と選手が一緒に学べる!バスケットボール練習メニュー200』(陸川章/監修・池田書店)、『Bリーグ超解説 リアルバスケ観戦がもっと楽しくなるTIPS50』(KADOKAWA)を担当。Xアカウント:@awokie

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る