「見とけよ、俺は変わったぞ」トム・ホーバスHCに猛アピール 「リアル桜木花道」川真田紘也がバスケW杯メンバーに入るまでどう過ごしたのか

  • 青木美帆●取材・文 text by Aoki Miho

W杯の経験を経てさらなる成長を誓う川真田紘也 photo by SHIGA LAKESW杯の経験を経てさらなる成長を誓う川真田紘也 photo by SHIGA LAKESこの記事に関連する写真を見る

「リアル桜木花道」川真田紘也インタビュー 前編

 バスケットボールを始めたのは中学校から。大学まで全国大会出場の経験なし。しかし、204cm、110kgの恵まれた体躯とどんな相手にも臆さないメンタルの強さで12名の2023年FIBAバスケットボール ワールドカップ日本代表メンバー入り。川真田紘也(滋賀レイクス)は、ワールドカップ・アジア最上位(19位)の成績でパリ五輪出場権を獲得したチームにおける"シンデレラボーイ"だった。
 非エリートの出自とインサイドでの泥臭いプレースタイル、ワールドカップ前に染めた赤髪から「リアル桜木花道」として話題を集めた川真田にとって、昨夏のワールドカップは初めて尽くしの経験。過酷な選考のプロセス、渡邊雄太(フェニックス・サンズ)や比江島慎(宇都宮ブレックス)らメンバーたちから学んだこと、晴れ舞台で手に入れたさまざまな経験について聞いた。

【「何かがあるから呼ばれる」と前向きに】

――約4カ月近く時間が経ちましたが、あらためて昨夏のワールドカップはどんな大会でしたか?

「僕は代表候補に"入っては落ちて"の繰り返しだったので、まずはワールドカップのメンバーに入ることが最大の目標でした。なので、12人に選ばれたこと自体が自分にとってとても大きなことでしたし、日本が自力でパリ五輪を決めるという歴史的瞬間に立ち合えてすごくうれしかったです。ただ、一方で試合にあまり出られず(1試合平均出場時間は6.4分)、プレーで貢献できなかった悔しさもありました」

――約1年4カ月(2021年11月から23年2月まで)、計6ウィンドウ(節)にわたって行なわれたワールドカップのアジア予選で(日本は開催国枠でのワールドカップ出場権を保持した上で予選に参加)、川真田選手が代表候補入りしたのはウィンドウ3(2022年6月27日―7月5日)と4(2022年8月22日―30日)のみで、いずれも候補止まりでした。正式メンバーからの落選が判明した時は落ち込みましたか、それとも逆に奮起されたのでしょうか。

「落ちる時って絶対に(ヘッドコーチの)部屋に呼ばれるので、呼ばれた瞬間に"ああ、落ちたな"ってわかるんですけど、めちゃくちゃ落ち込むことはなかったです。落ちるのには理由があって、何かが足りないから落ちる。トムさん(ホーバス・ヘッドコーチ)はその都度、『もっとこうしてほしい』ということを言ってくれて課題を明確にしてくれました。だから、 "次の選考までにここを頑張ろう"と考えることができたのは、大きかったと思います」

――ウィンドウ6(2023年2月20日―28日)は直前合宿招集メンバー発表のリリースに「川真田選手は育成強化合宿として参加」と注釈をつけられていました。いい気持ちはしなかったのではないでしょうか。

「候補メンバーには大学生もいたのに、僕だけ練習生。その時はいつも以上に"やったるぞ、なめんなよ" "絶対に俺のほうが(やれる)"って思いました。プロとして、大学生には負けんぞって。合宿に呼ばれるのは、練習生の立場であっても、何かきっかけさえあれば絶対メンバーに入れる可能性があると思って、エネルギーを持って合宿に参加しました(実際のこの時、代表メンバー入りを果たす)」

――渡邊、比江島、富樫勇樹(千葉ジェッツ)といったベテラン3人をはじめアンダーカテゴリーから豊富な代表経験を持つ選手が多くいる中、川真田選手がA代表候補に初選出されたのは2022年。アンダーカテゴリーの経験もなく、Bリーグで目覚ましい活躍をしていたわけでもありません。落選を「仕方ない」ではなく「次こそ頑張ろう」と前向きにとらえられた理由は?

「なんで、でしょうね......。でも、最初に候補に入ったころはワールドカップなんて全く視野に入っていなかったですよ。ウィンドウ1に練習生として呼ばれたときも、本当に「なんで呼ばれたん?」みたいな感じでした。僕は周りを知ってるけど、周りは僕を知らない。Bリーグで戦うことだけで必死で、日本代表にはなかなか気持ちが持って行けなかったですし、その時は、いい経験ができたな、くらいでした。

ただその後、ウィンドウ3、4とまた候補として呼ばれて、"何かがあるから呼んでくれている" "何かができればメンバーに選ばれる"と思うようになりました。よくわからないですけど、選ばれている以上は(全力で)やり切りたいみたいなメンタリティだと思います。すいません、うまいこと言えなくて」

1 / 3

プロフィール

  • 青木美帆

    青木美帆 (あおき・みほ)

    早稲田大在学中に国内バスケットボールの取材活動を開始。雑誌『中学・高校バスケットボール』編集部を経て独立し、学生、Bリーグ、日本代表などを取材。著者として『青春サプリ。心が元気になる、5つの部活ストーリー』シリーズ(ポプラ社)を執筆。構成として『異なれ 東京パラリンピック車いすバスケ銀メダリストの限界を超える思考』(鳥海連志/著・ワニブックス)、『指導者と選手が一緒に学べる!バスケットボール練習メニュー200』(陸川章/監修・池田書店)、『Bリーグ超解説 リアルバスケ観戦がもっと楽しくなるTIPS50』(KADOKAWA)を担当。Xアカウント:@awokie

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る