2020.06.24

火中の栗を拾う。ベンチャーマインドを
持つBリーグ新チェアマンの覚悟

  • 加藤康博●文 text by Kato Yasuhiro
  • photo by B.LEAGUE

 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(以下Bリーグ)は6月16日に通常理事会を開催。互選による投票を行ない、次期チェアマンとして島田慎二氏を選出した。

 すでに10日の臨時会員総会で「チェアマン候補者たる理事」として決議されており、就任は事実上決まっていたが、これで正式に決定した。島田氏は7月1日に着任。現在の大河正明チェアマンは6月30日付で退任する。

次期Bリーグのチェアマンに決まった島田慎二氏 今回のチェアマン交代は大河氏の辞任によるものだ。

 Bリーグは昨年7月にリーグの新たな形を目指す「B.LEAGUE BEYOND 2020」と題した中長期計画を発表。2026年をターゲットとした改革案を表明しているが、チェアマン任期に上限があるため、大河氏はそこまで在任できない。2020年からは計画のなかで示された「セカンドフェーズ」にあたり、「準備段階で若い人に引き継ぐほうが適切と思った」(大河氏)ことが決断の決め手となった。

 大河氏は現在3期目で、来年夏まで任期を残している。新型コロナウイルスへの対応が求められるこの時期の辞任に唐突感は否めない。

 しかし来シーズン、仮に1試合も開催できずとも、クラブに配分金を支払いつつ、リーグが1シーズン生き残るための資金調達にも目途を立てたことに加え、開幕時からのトップパートナーである「ソフトバンク」との契約継続も決定した。スムーズなトップの交代へ、できる限りの準備は果たしたと言えるだろう。