2020.06.05

馬場雄大の3PT成功率が劇的UP。
アプリを使った練習でスピード強化

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by AFLO

 馬場雄大を見るのが、楽しい。

 スピード感あふれるダイナミックなプレーを見るのが、というだけではない。彼の成長課程を見るのが楽しいのだ。

今季テキサス・レジェンズでプレーした馬場雄大 今季、馬場はNBAの下部リーグであるGリーグで初めてのシーズンを送った。新型コロナウイルスの影響で、3月中旬にリーグは終了。3月下旬、馬場は日本に帰国した。

 今季テキサス・レジェンズでプレーした馬場は、選手としての技量を伸ばした。とりわけ目を引いたのが、スリーポイントシュート(3PT)の向上だ。沈めた3PTは95本の試投のうち39本。成功率は41.1パーセントと見事だった。

 2シーズン所属したアルバルク東京時代、3PTの平均成功率は29.0%だった。ただ、関係者に言わせれば下手だったわけではなく、練習ではよく決められていたという。

 では今季、3PTを向上させた要因は何なのだろうか。

 ひとつは、ほんのちょっと「ふわっ」とした動きを見直したことが挙げられる。