2020.05.29

折茂武彦が語る今の日本バスケ界。
「羨ましくないと言えば嘘になる」

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by ©B.LEAGUE

レジェンド・折茂武彦が引退を語る(後編)

 5月3日にオンラインで引退会見を開いた折茂武彦(レバンガ北海道)。後半では、四半世紀を超える競技生活、そして日本バスケの未来を語ってもらった――。

無観客の川崎戦が、折茂武彦にとってレギュラーシーズン最後の試合になった 3月15日、川崎ブレイブサンダース戦。

 3Q、残り4分28秒、折茂の代名詞でもある、3Pシュートがリングを射抜く。これが通算1万238点目にして最後の得点となった。

 4Q、残り2分31秒、折茂は交代しコートを去る。直前のプレーは、チームメイトのマーキース・カミングスが中央からドライブ。折茂はコーナーで手を挙げボールを待つが、カミングスがファールを受け、折茂の構えた手にボールが渡ることはなかった。

「競技生活の長短に関わらず、悔やむことはいくらでもあるはず。これでよかった、後悔のない競技生活なんてないとずっと思っていました。だから、あれでいい。そういうバスケット人生だったんだなと。最後の試合だけではなくバスケット人生、いろんなことがたくさんありすぎて、何かワンプレーを切り取ってどうこう言うつもりはないです……それでも、あれが最後かと思うと、少し寂しいというのが本音かもしれません。キャリアで初めての無観客試合だったということも含めて」