2018.12.10

八村塁がNBAドラフト上位指名を
手にするためにクリアすべき2つの課題

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke

 米バスケットボール関係者の間で、ゴンザガ大学で3年生を迎えた八村塁の評価が高まっている。

 今季のバスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部で、八村は最初の9戦すべてで17得点以上を挙げ、平均22.3得点、6.2リバウンドと好成績をマーク。開幕9連勝を飾ったゴンザガ大のエースとしての地位を確立した感がある。

ゴンザガ大学でエース級の活躍を見せる八村 photo by AP/AFLO とくにインパクトが大きかったのは、11月21日までハワイで開催された「マウイ・インビテーショナル」での活躍だ。強豪8校が集まったこの大会でも、八村はMVPに選ばれる働きでゴンザガ大を優勝に導いた。決勝戦では、来年度のNBAドラフト全体1位候補と目されているザイオン・ウィリアムソン率いるデューク大学を、激戦の末に破って実力と存在感を大きくアピールした。

 この勝利で知名度も上がり、NBAドラフト候補としてこれまで以上に注目されている。アメリカのウェブサイト『NBADraft.net』で12月1日に発表された、来年度のモックドラフト(ドラフト予想)では八村が全体5位にランクイン。媒体によっては「全体10位から20位くらいではないか」という冷静な声もあるが、エリートプロスペクト(若手有望株)の証明である”ロッタリー指名(15位以内の指名)”の有力候補に躍り出ていることは間違いない。

 八村はNBAでもすぐに通用する選手なのか。最高レベルのリーグでやっていくためには、まだ課題があるのか。日本バスケ期待の星の現在地と今後について、ゴンザガ大の元チームメイトで、今夏にロサンゼルス・レイカーズと2ウェイ契約を結んだジョナサン・ウィリアムズに意見を求めた。

 ウィリアムズは2016~18年にゴンザガ大でプレーし、2017年のNCAAトーナメント決勝進出に大きく貢献。今季の開幕直後にNBAデビューを果たし、レブロン・ジェームズを擁するレイカーズの一員として6戦に出場している。そんな23歳のパワーフォワードの目にも、八村のポテンシャルは驚異的と映っているようだ。

「今年は多くのスキルを向上させて、より優れた選手になっている。塁はとても練習熱心だから、今後も成長を続けるだろう。彼の身体能力がNBAでも通用することは疑いようがない」

 現在23歳のウィリアムズがそう話すとおり、八村の身体能力は米カレッジ界でも”エリートレベル”と評されている。スキルはまだ発展途上だとしても、フィジカル面は今すぐにNBAに飛び込んでも遜色ないだろう。