2018.08.04

180cm超えのデンソー4人組。
狙うはチームの優勝とオリンピック出場

  • 小永吉陽子●取材・文・写真 text&photo by Konagayoshi Yoko

 2016年リオ五輪でベスト8、アジアでは3連覇を達成。アンダーカテゴリーでも世界大会で連続ベスト8以上に名乗りを上げている日本の女子バスケ。着実に力をつけている中で、Wリーグでは、昨シーズンに10連覇を達成したJX-ENEOSの『1強』時代が続いている。どこのチームも、JX-ENEOSが持つ高さと豊富なキャリアを打ち破れずにいた。

左から、髙田真希、オコエ桃仁花、赤穂さくら、赤穂ひまわり しかし、今シーズンこそはと、虎視眈々と優勝に狙いを定めているチームが多い。対抗馬の一番手としてあげられるのが、昨シーズンにWリーグと皇后杯で準優勝まで駆け上がったデンソーアイリスだ。その中心選手4人は、9月のワールドカップに向けて、日本代表の最終候補に選ばれている。

 キャプテンで日本代表の得点源である髙田真希(183cm)。昨シーズンにフル代表デビューしてアジア3連覇に貢献した赤穂さくら(183cm)。さくらの2つ下の妹で、昨シーズンの新人王に輝いた赤穂ひまわり(184cm)。パワフルプレーが持ち味で急成長中のオコエ桃仁花(もにか/181cm)。彼女らは全員180cm超のサイズを持つ。1チームで4人もの180cmオーバーの代表選手を輩出しているのだから、JX-ENEOSの対抗馬として期待されるのも当然である。

 話は少し逸れてリオ五輪後のシーズン(2016-17)に遡る。Wリーグの準決勝でJX-ENEOSに歯が立たずに敗れたデンソー。当時は世代交代を迎えていた事情があったものの、キャプテン1年目の髙田は「うちのチームに一番足りないのは技術。経験がないというのは言い訳で、技術で及ばないことを認めて鍛え直したい」と悔し涙を流して再出発を誓ったほどだった。

 そして昨シーズン(2017-18)は「いい意味で周囲の期待を裏切った」と髙田自身が手応えを語るほどの飛躍を遂げ、準優勝という好成績を収めた。オフシーズンの取り組みから見直した練習でガード陣が開花し、赤穂ひまわりやオコエを筆頭とした7人もの有望なルーキーの加入がチームに競争と刺激を与え、勢いという相乗効果までもたらしたのだ。何より成長していたのがキャプテンの髙田だった。すでに大黒柱として君臨しているが、進化したのはリーダーシップだ。