2018.07.12

「虎」になった20歳。
八村塁が日本男子バスケを変えていく

  • 小永吉陽子●取材・文 text by Konagayoshi Yoko
  • 田口有史●撮影 photo by Taguchi Yukihito

「この勝利はワールドカップ予選での勝利だけでなく、これから日本バスケが成長するための大事な1勝になったと思います」

 6月29日、ワールドカップ1次予選最終節であるWindow3にて、オーストラリアを79-78で破った日本代表。24得点、7リバウンドを記録して、歴史的勝利に導いた八村塁は試合後に興奮してそう答えた。

日本代表にすぐに馴染み、中心として牽引した八村塁 オーストラリアは世界ランキング10位(試合当時:日本は48位)の強豪で、多くのNBA選手を輩出している国。11月のWindow1ではNBA選手こそ参戦していないが、日本は24点差で敗れており、今回は2名のNBA選手が加わっていた。

 そんな格上に対しての勝利は、日本バスケ界の一歩を切り拓く金星だと言える。そしてオーストラリア戦で自信を得た日本は、7月2日にチャイニーズ・タイペイを40点差で一蹴し、4連敗からの2連勝で2次ラウンド進出を決めたのだ。

 崖っぷちにいた日本を救ったのは、八村と帰化選手として新加入したニック・ファジーカス2人の高さと攻撃力であることは明らかだが、とりわけ20歳の八村が及ぼした影響は計り知れない。

 ファジーカスは6シーズンにわたって日本の第一線でプレーしてきた選手で、その安定ぶりは計算できた。しかし、八村はA代表の公式戦は初。そんな若者が「これまで日本は負けていたので自信がなかったのではと思い、僕が最初から攻めてチームに自信を与えたかった」と言ってのけ、1Qだけで13得点を稼ぐスタートダッシュを切った。そうして主導権を握ることにより、「精神的に余裕ができて試合を進められた」とエースの比江島慎が証言するほどのエネルギーをチームに与えたのだ。

 八村についてあらためて検証したい。何がすごくて、どう成長しているのか。身長203cmに対して、218cmともいわれるウイングスパン(両手を広げたサイズ)を含めた「身体能力の高さ」が魅力であることは間違いないが、彼のすごさは身体能力だけではなく、状況判断に優れた賢さにある。