2018.06.15

帰化した210cmの巨人ファジーカスは
日本バスケの救世主となるか

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by Getty Images

 ニック・ファジーカスとは何者か? バスケ男子日本代表チーム『AKATSUKI FIVE』に初選出された「最強の新戦力」に、帰化の理由、そしてオリンピックに向けてのモチベーションを聞いた。ファジーカスは絶体絶命のチームを救う救世主になれるか。

あのニック・ファジーカスがついに日本代表チームに加わった ニック・ファジーカスが嫌いだ――。

 川崎ブレイブサンダース以外のファンなら、一度ならずそう思ったことがあるはず。なぜなら、彼ほど敵にしたら怖い選手はいないからだ。

 ファジーカスは2012年に来日して以来、JBL、NBL、Bリーグと6シーズンをプレーし、4度の得点王と3度のリバウンド王に輝いてきた。昨季はMVPに、そして今季はベスト5に選出されている。

 210cmの長身ながら、ミドルシュートやスリーポイント(3P)シュートを打つほどシュートレンジは広く、ガードのように繊細なフローターシュートを放ったかと思えば、インサイドでのファウルを誘うフェイクも絶妙としか言いようがない。

 ひと言で説明するなら、ファジーカスは止められない。

 Bリーグ全ヘッドコーチに、「ゲーム残り5秒、1点ビハインドでマイボールのシチュエーション。もし、Bリーグ全選手の中から選んでいいなら、誰にボールを託すか?」と聞けば、8割ないしは9割以上のヘッドコーチがファジーカスを指名するはずだ。

 当然、対戦チームは常にファジーカス対策を練ってきた。それでも6シーズンもの間、彼を止めることができない理由を、チームメイトの辻直人(SG)が明かす。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

「毎シーズン、ニックは進化している。来日直後より、今のニックのほうが格段にスキルが向上している。だから、止められない」

 そんなBリーグ最高の選手が昨オフに帰化申請を行ない、今年4月に帰化が許可された。ファジーカスは、「帰化は自然な流れだった」と笑う。