2018.05.01

NBAセミファイナル、
「キング」レブロンに引導を渡す若手は誰だ?

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

NBAプレーオフ2018 カンファレンス・セミファイナル展望@イースタン編

 イースタンのファーストラウンドは4カード中、2カードが第7戦までもつれ込んだ。セカンドラウンド(カンファレンス・セミファイナル)も混戦となるのは必至だろう。カンファレンス・ファイナルに進む2チームはどこだ?

「カンファレンス・セミファイナル展望@ウェスタン編」はこちら>>>

2016年のドラフト全体1位で76ersに入団したベン・シモンズトロント・ラプターズ(1位/59勝23敗)
vs.
クリーブランド・キャバリアーズ(4位/50勝32敗)

 3季連続イースタン王者に君臨するキャブスが、薄氷を踏むようにしてカンファレンス・セミファイナルへと駒を進めた。

 第7戦までもつれたインディアナ・ペイサーズ(5位/48勝34敗)とのファーストラウンドは、まさに”キング”レブロン・ジェームズ(SF)劇場となった。33歳のレブロンは7試合で平均41.2分出場し、平均34.4得点・10.1リバウンド・7.7アシストを記録。驚愕の成績を残した。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 ハイライトは第5戦。95−95で迎えた第4クォーター残り26.3秒、レブロンがまさかのターンオーバーを犯し、ペイサーズのボールとなる。残り3.3秒でペイサーズのエース、ビクター・オラディポ(SG)がレイアップシュートを放ち、これで勝負ありかと思われた。だが次の瞬間、レブロンが背後からブロック。ペイサーズに決勝点を許さなかった。

 そしてキャブス、最後のオフェンス。レブロンがインバウンズパスを受けると、ドリブルを2度ついてスリーポイント(3P)シュートを放つ。ブザービーターとなったシュートはリングの中へと吸い込まれ、劇的な幕切れとなった。ちなみにこのゲーム、レブロンは4本の3Pを打っているが、決まったのはこの1本だけである。