2018.05.14

過去7年すべてNBAファイナル進出。
レブロンの神話はまだ続くのか

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

NBAプレーオフ2018 カンファレンス・ファイナル展望

 イースタンは第1シードを破ったクリーブランド・キャバリアーズと第2シードのボストン・セルティックス、ウェスタンはヒューストン・ロケッツとゴールデンステート・ウォリアーズの2強がカンファレンス・ファイナルへと進出した。ライバル対決を制し、NBAファイナルに駒を進める2チームは?

圧倒的な存在感でキャブスを牽引するレブロン・ジェームズボストン・セルティックス(53勝27敗/2位)
vs.
クリーブランド・キャバリアーズ(50勝32敗/4位)

 神話継続か? それとも歴史は繰り返すのか?

 こんなデータがある。キャブスにとっては4年連続のカンファレンス・ファイナル進出だが、マイアミ・ヒート時代から数えればレブロン・ジェームズ(SF)は今年で8年連続カンファレンス・ファイナルに進出。さらにレブロンが率いるチームは、過去7年連続でNBAファイナルへ進出している。つまり、2011年以降、レブロンは一度たりともカンファレンス・ファイナルで負けていない。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 もちろん、レブロンにとって今季は、8年のなかでも群を抜いて苦しいシーズンだったはずだ。

 レギュラーシーズン中にロスターが大きく入れ替わり、チームの調子は下降線をたどり、第4シードまで順位を落としてプレーオフに突入。インディアナ・ペイサーズ(48勝34敗/5位)とのファーストラウンドは4勝3敗でギリギリ勝ち抜くも、第7戦で両軍最長の43分間コートに立ち続けたレブロンは、試合後に「燃え尽きた。今はカンファレンス・セミファイナルについては考えられない。疲れているんだ。家に帰りたい」と珍しく弱音も吐いた。

 しかし、瀕死に思われたキャブスは、もう一段上のギアを隠し持っていた。苦戦必至と思われていた第1シードのトロント・ラプターズ(59勝23敗)を圧倒し、スウィープ(4連勝)で退ける。