2018.04.30

NBAセミファイナル、王者ウォリアーズは
カリー復帰で弱くなるのか?

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

NBAプレーオフ2018 カンファレンス・セミファイナル展望@ウェスタン編

 ウェスタン・カンファレンスのNBAプレーオフは早くもファーストラウンドが終了し、ヒューストン・ロケッツとゴールデンステート・ウォリアーズの2強が順調にセカンドラウンドへと進出した。その2強に挑むのは、第5シードのユタ・ジャズと第6シードのニューオーリンズ・ペリカンズ。下位シードの2チームに勝算はあるのか?

1ヵ月以上離脱していたステファン・カリーがようやく復帰しそうだが......ヒューストン・ロケッツ(1位/65勝17敗)
vs.
ユタ・ジャズ(5位/48勝34敗)

 今季のロケッツは強い。エースのジェームズ・ハーデン(SG)は変わらず絶好調で、ミネソタ・ティンバーウルブズ(8位/47勝35敗)とのファーストラウンド第1戦ではスリーポイントシュート7本を含む44得点をマーク。もちろん、ウルブズのディフェンスが甘かったわけではないが、ジミー・バトラー(SG)やアンドリュー・ウィギンス(SF)といったディフェンスの得意な選手がマッチアップしても、今のハーデンは止められなかった。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 圧巻だったのは第4戦。ロケッツは第3クォーターだけで、ハーデンの22得点を含む50得点を挙げている。この数字はプレーオフにおける1クォーターの最多得点記録(51点)に1点及ばないものの、NBA史上2位の記録だ。また、単に大記録だったというだけでなく、「噛み合えば1クォーターで50得点できる」という意識は、今後もロケッツの選手には大きな心の余裕を、相手チームの選手にとっては大きなプレッシャーを生むことになるだろう。

 ただし、ハーデンが好調なら好調なほど、昨季の悪夢を思い出すロケッツファンも多いはずだ。昨シーズン、カンファレンス・セミファイナルで対戦したサンアントニオ・スパーズはハーデンにプレッシャーをかけ続け、第6戦でついにハーデンはガス欠を起こして失速。チームも敗れ去っている。