2017.05.17

NBAセルティックスとスパーズは
「3年連続同カード」を阻止できるか

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by Getty Images

NBAプレーオフ2017 カンファレンス・ファイナル展望

 いよいよNBAプレーオフは大詰め。東西の王者を決めるカンファレンス・ファイナルが始まっている。はたして、NBAファイナルの舞台に辿り着く2チームは――。

前歯が折れても強行出場してチームを牽引するアイザイア・トーマスボストン・セルティックス(53勝29敗/1位)
vs.
クリーブランド・キャバリアーズ(51勝31敗/2位)

 今年のカンファレンス・ファイナルは、東西どちらも第1シードと第2シードの顔合わせとなった。ただし、イースタンの大本命はレギュラーシーズンでボストン・セルティックスの後塵を拝したクリーブランド・キャブスだ。

 カンファレンス・セミファイナルで第7戦までもつれ込んだセルティックスとは対照的に、キャブスはプレーオフに入ってから無傷の8連勝。第1シードの座こそセルティックスに譲ったが、プレーオフでは負け知らずで勝ち進んでおり、王者の風格を漂わせている。

 なかでも絶好調なのが、「キング」ことレブロン・ジェームズ(SF)だ。セルティックスはどうやって好調レブロンを止めるか――。このテーマはシリーズを通して頭を悩ませることになるだろう。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。