2017.05.13

BリーグCSついに開幕。
田臥と富樫が激突する栃木vs千葉は必見だ!

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

Bリーグ2016-2017 クライマックス(3)
チャンピオンシップ展望

 NBLとbjリーグ──ふたつのリーグが統合して発足した「Bリーグ」は昨年9月にスタートしたレギュラーシーズンを終え、いよいよ5月13日から初代王者を決めるBリーグ・チャンピオンシップ2016-2017(以下:CS)が幕を開ける。はたして栄光を掴むのは、どのチームだ?

初代王者の栄冠を手にするべく、B1強豪8チームが激突する レギュラーシーズンの成績上位8チームで争われるCS。クォーターファイナル、セミファイナルは2戦先勝方式、ファイナルは1戦のみで勝者を決める。

 NBAのプレーオフのように4戦先勝方式ならば、実力上位のチームが勝ち上がる可能性はより高い。しかし、2戦先勝となると多少チーム力は劣っても、勢いに乗って押し切ることも十分にあるだろう。

 実際、今季のNBAプレーオフ・ファーストラウンドが2戦先勝方式だったならば、8カード中3カードで勝ち上がるチームが変わる。またそのうちふたつは、シード下位チームがセカンドラウンドに進出ということになっていた。田臥勇太(栃木ブレックス/PG)が「ここまできたらレギュラーシーズンの順位なんか関係ない」と語っているように、シード上位だからといって断然有利とは言い切れない。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。