角田裕毅は「限界まで攻めるアプローチ」を変えるつもりはない! 得意のハードブレーキングで入賞圏「残り2席」を奪い取る

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

【来季シートの噂もちらほら...】

 重要なのは、予選で前に行き、できるだけ上位でレースを戦うことだ。そうすれば遅いクルマに抑え込まれたりせず、予選よりも圧倒的に優れているアルファタウリのレースペースを遺憾なく発揮することができる。

「ペナルティを受けたとはいえ、バルセロナで9位フィニッシュできたこと自体はポジティブですし、レースを通してソリッドなペースがあったと思います。今年のレースでは安定していいペースなので、今週もそれを最大限に発揮したいと思っています。問題は予選。そのポジションを上げれば、もう少しラクにレースをすることができるので、それが今週末の目標です」

 マイアミもモナコもバルセロナも、内容としてはこれ以上ない十分な出来だった。レッドブルの来季シートや2026年のアストンマーティン・ホンダのシートを巡って噂が立つのも、F1パドックが今季の角田の成長をはっきりと認めているからだ。

 ただ、ほんのわずかの綻びで、ポイントは簡単に逃げていってしまった。

 このカナダでは、完璧なレース週末を貫き通したい。その結果として、角田裕毅とアルファタウリがどこまで行けるのか──。

 そろそろ今シーズンの真の力を、結果というかたちで見せてもらいたい。

プロフィール

  • 米家峰起

    米家峰起 (よねや・みねおき)

    F1解説者。 1981年1月31日生まれ、兵庫県出身。F1雑誌の編集者からフリーランスとなり2009年にF1全戦取材を開始、F1取材歴14年。各種媒体に執筆、フジテレビNEXTやYouTube『F1LIFE channel』での解説を務める。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る