2022.07.28

20歳の岩佐歩夢がF1直下カテゴリーF2で初優勝。覚醒した走りは、角田裕毅でも見ることがなかった圧倒的な速さ

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Getty Images

 F1フランスGPの決勝は、シャルル・ルクレール(フェラーリ)のリタイアでライバル不在となったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が、悠々とペースをコントロールして勝利を掴むという、少々興奮に欠けたレースになった。

 ルクレールのリタイアによってセーフティカーが出動し、ほぼ全車がこのタイミングでピットストップを済ませて戦略の差がまったくなくなってしまったことで、極めて動きの少ない淡々としたレースになってしまったことも事実だった。

 しかしその数時間前、ポール・リカールには『君が代』が響き渡った。

 FIA F2で20歳の岩佐歩夢(レッドブル育成)が初優勝を挙げたのだ。それも、後続を大きく引き離しての完全勝利だった。

F1直下のカテゴリーF2で優勝した岩佐歩夢F1直下のカテゴリーF2で優勝した岩佐歩夢 この記事に関連する写真を見る 「最高の気分ですね。クルマもよくて、ペースもよくて、余裕があったように見えたと思うんですけど、メンタル的には余裕がなかった。ギャップを作って走っていると、どうしてもトラブルやミスのことを考えてしまうのでドキドキしていました。ずっと速さがあるのはわかっていたものの、結果につながらないレースが続いていてフラストレーションもあったんですけど、ようやく勝てて本当にうれしいです」

 F1を目指す若手が参戦し、極めて僅差のタイム差のなかで激しいバトルを繰り広げるのがFIA F2だ。ここで勝ち上がっていかなければ、F1は見えてこない。レッドブル育成の4人を始め、F1チームの育成ドライバーがF1を目指して群雄割拠の状態だ。

 岩佐の所属するDAMSは、かつてはトップ争いを繰り広げた名門チームだった。しかし、創設オーナーの死去もあって18インチタイヤが導入された2020年以降は低迷していた。

 今季の開幕前テストでも、まだ速さは十分とは言えなかった。だが、マシンの技術面やドライビング理論に精通した岩佐のロジカルなアプローチが、ドライバーの意見をどんどん採り入れてマシンセットアップを煮詰めていこうというDAMSのエンジニアたちの姿勢とマッチした。

 岩佐はレースのない時にもフランスのル・マンにあるDAMSのファクトリーに足繁く通い、自分たちの弱点を潰し込むため、徹底的にエンジニアたちと話し合いシミュレーター作業に勤しんできたと言う。