2022.05.31

「5秒速くても抜けない」モナコで起きたフェラーリの誤算。一方ペレスは完璧レースで初戴冠

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 第79回モナコGPは、セルジオ・ペレスが制した。

 レース後半はレッドブル勢とフェラーリ勢4台が数珠つなぎの激しいバトルを繰り広げたが、レース前半の混乱の中で首位に立ったペレスがその座を最後まで守りきった。

「モナコで勝つというのは、F1ドライバーにとって夢だ。まさにその夢が叶ったよ。ホームレース(メキシコGP)以外でこんなに特別なレースはない。最後はグレイニング(タイヤ表面のささくれ)を抱えながらカルロス(サインツ)を抑え込んで、ひとつもミスを犯さないように走らなければならなくて、簡単ではなかった。僕と母国にとって、本当に偉大な日になったよ!」

F1ドライバーの夢であるモナコ優勝を果たしたセルジオ・ペレスF1ドライバーの夢であるモナコ優勝を果たしたセルジオ・ペレス この記事に関連する写真を見る  ペレスが履いたミディアムタイヤは、最初のペースはいいがグレイニングが発生し、それが解消されるまではグリップが失われ、大きくペースを落とす。

 しかし、モナコは抜けない。ごくわずかな要所さえ巧みに抑えてしまえば、コーナーがいくら遅くても勝てる。それがペレスとレッドブルの狙いだった。

「最初は余裕を持ってレースをコントロールできていたけど、突然(グレイニングで)ターン3〜4(マスネ〜カジノ)のアンダーステアがひどくなり、カルロスに追いつかれた。でも、僕はターン8(ポルティエ)からのトラクションがすごくよくて、まだ余裕は持てていた。

 ターン10(ヌーベルシケイン)のブレーキングでミスを犯さないことがとても重要だということはわかっていた。あそこでミスを犯してシケインをカットすれば、ポジションを譲らなければならないから。それがわかっているから、カルロスもかなりのプレッシャーをかけてきたけどね」

 ペレスはデビュー年の2011年から、モナコではめっぽう速かった。初年度は速すぎて予選で大クラッシュを喫したが、実はモナコやバクーなど市街地サーキットを得意としてきたのがペレスだった。