2022.04.12

フェルスタッペン完敗の理由は「読み間違い」。次戦イモラのアップデートでフェラーリ追撃の手を打てるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 初めてメルボルンの表彰台に立ったシャルル・ルクレール(フェラーリ)の表情は、いつも以上に誇らしげだった。

 2018年にザウバーで戦った初年度から、このサーキットを苦手としていた。それを見事に攻略し、ポールポジション、ファステストラップ、そして優勝と、完璧なレース週末で支配してみせたのだ。

 一方、レッドブルにとっては、またしても悪夢のような週末になった。

 マックス・フェルスタッペンはレース週末を通してマシンバランスに苦しみ続け、決勝でもまったくルクレールについていくことができず、最後はトラブルで2位さえ失ってしまった。

表彰台の中央で誇らしい表情を見せるルクレール表彰台の中央で誇らしい表情を見せるルクレール この記事に関連する写真を見る 「とてもガッカリしている。何が壊れたのかはわからないけど、レースのスタート前から予兆はあったんだ。だから、今日は完走するのが難しいかもしれないという予感があった。もちろん、望んだことではないよ。

 タイトル争いをしたいのなら、こういうことはあってはいけない。すでにポイント差も大きくなってしまった。僕としてはやれることはなかった。フラストレーションはあるけど、今の時点で僕にできることは何もない。チーム一丸となって改善していくしかない」

 フェルスタッペンのいう"予兆"とは、スタート前に追加注入したハイドロ系フルードのこと。実際に起きた問題とは無関係だったようだが、開幕戦に続きパワーユニット周辺にトラブルが続いていることは気がかりだ。

 タンクからエンジンに向かう途中の燃料ラインから燃料が漏れ出し、それに火がついたという。フェルスタッペンは38周目にパワーの低下を感じ、しばらくはそのまま走り続けたものの、39周目のメインストレートで火が出てマシンを止めざるを得なかった。ガソリンの匂いもしたという。

「燃料システムのトラブルみたいで、燃料タンク外部の問題がこのトラブルを引き起こしたようだ。パーツは日本に送り返されて、可能なかぎり早急に問題が何だったのかを究明することになる。

 テレメトリーデータ上で『何かがおかしい』ということは把握できていたよ。マックスも(ガソリンの)匂いで気づいたようだしね。これから詳しい確認は必要だが、初期段階のチェックではパワーユニット自体に問題はなさそうだ」(クリスチャン・ホーナー/レッドブル代表)