2021.09.16

「元祖日本一速い男」の目に涙。日産・カルソニックカラーが5年ぶりの復活V

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 2021年スーパーGT第5戦の舞台は東北・宮城にある「スポーツランドSUGO」。同地では2年ぶりの開催となった。SUGOでの大会は毎回、荒れることが多い。今回も各チームにトラブルが続出し、GT500クラスでチェッカーフラッグを受けたのは10台というサバイバルレースとなった(公式データで12位まで順位がついているのは、11位と12位のマシンが終盤でレースを終えたものの規定の周回数を超えているため完走扱い)。

 そんな荒れた1戦を制したのは、前戦の鈴鹿に続いて日産勢。「元祖日本一速い男」星野一義監督の率いるカルソニックIMPUL GT-R(ナンバー12)がトップでチェッカードフラッグを切った。

パルクフェルメで抱き合う平峰一貴(左)と松下信治(右)パルクフェルメで抱き合う平峰一貴(左)と松下信治(右) この記事に関連する写真を見る  かつてチーム・インパルは毎年優勝争いに必ずと言っていいほど名を連ね、2015年には最終戦までチャンピオンを争いランキング2位。しかし、2016年の第5戦・富士で安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組が表彰台の中央に立って以降、勝利から遠ざかっていた。

 ただ、チーム・インパルが単に低迷していたのかというと、必ずしもそうではない。

 佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー組で臨んだ2018年の第5戦・富士「500マイルレース」では、途中までトップを独走。優勝は確実と思われたが、レース終盤にマシントラブルが発生して脱落を余儀なくされた。

 2019年は、GT500クラスで6度の優勝経験があるジェームス・ロシターを招聘。佐々木とコンビを組み、開幕前テストでは連日トップタイムを記録するなど好調な走りを見せた。ただ、開幕戦・岡山は3位を獲得できたものの、それ以降は歯車が噛み合わないレースが続き、不本意なシーズンで終えた。

 2020年はロシターに代わり、GT300クラスで勢いのある走りを見せていた平峰一貴を起用。積極的な走りで第6戦・鈴鹿では2位表彰台を獲得したが、同じ日産勢のMOTUL AUTECH GT-R(ナンバー23)に競り負け、あと一歩のところで勝てなかった悔しさの残る結果となった。

 こうして気がつけば、勝利から遠ざかって数シーズン。もちろん結果が出ないと、周囲の風当たりも厳しい。それでも現役時代から闘志あふれる星野監督を慕い、スポンサーやタイヤメーカーは協力を惜しまなかった。