2021.09.15

フェルスタッペンとハミルトンの危険なバトル。大きな代償を払ったのはどっち

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 一度は掴んだかに思われた勝利は、日曜になって次々とマックス・フェルスタッペンの手からすり抜けていった。まさかグラベルの上でレースを終えるなどとは、土曜日の時点では誰が想像していただろうか。

 予選ではメルセデスAMGに0.411秒もの差をつけられ、レッドブル・ホンダは劣勢だった。ストレートでも負け、コーナーでも負けていた。コーナーを立てるセットアップでは最高速が遅すぎて勝負にならず、ストレートを立てるセットアップではコーナーを速く走ることができなかった。

 そんな絶望的な状況は、スプリント予選で一変した。

リタイアしてコース脇を歩いて帰るフェルスタッペンリタイアしてコース脇を歩いて帰るフェルスタッペン この記事に関連する写真を見る  スタートでルイス・ハミルトンが出遅れて5位に下がり、フェルスタッペンは2位へ。そしてトップでフィニッシュしたバルテリ・ボッタスは今季4基目のパワーユニットの投入で戦略的にグリッド降格ペナルティを取っていたため、フェルスタッペンは労せずして決勝のポールポジションを獲得することになったのだ。

 さらには2位・3位にストレートの速いマクラーレン勢が割って入り、ハミルトンが追い着いてこられる可能性は極めて低かった。フェルスタッペンはマシンに0.4秒もの差があったにもかかわらず、決勝のスタートを決めるだけで独走勝利が手に入るという、非常に有利な状況へと様変わりしたのだ。

 スプリント予選後のフェルスタッペンには、決勝を見据えてかなりの余裕があった。

「今日のレースは予想していた以上によかった。ボッタスに離されないようについていって、(相手との差を見て)自分たちのパッケージのどこをどう改善すべきかを把握することに努めた。メルセデスAMGのマシンがどのように縁石を乗り越えているか、コーナリングスピードがどうかといったことを見てね。2位のまま終わっても、明日のレースをポールポジションからスタートできることはわかっていたから」

 しかし、決勝は再び状況が一変する。スタートでダニエル・リカルド(マクラーレン)にホールショットを奪われ、その後、延々と抑え込まれることになったからだ。