2021.06.22

レッドブル・ホンダ、劇的な大逆転勝利の裏側。「我々に失うものはありません」メルセデスAMGより先に動いた

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 第7戦フランスGPの舞台ポール・リカール・サーキットで繰り広げられた逆転優勝劇は、まさに現代F1の叡智とドライバーの妙技をこれ以上ないかたちで象徴するものだった。

「過去2回のポール・リカールのレースは、ここ5年で最も退屈なレースのふたつだったと思う。しかし今年は、ここ5年でもっとエキサイティングなレースのひとつになったのではないだろうか。これはこの1年間で、我々がいかに努力をしてきたかという証だ」

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はレース後にこう語った。

見事なレース戦略で1位・3位を獲得したレッドブル見事なレース戦略で1位・3位を獲得したレッドブル この記事に関連する写真を見る  最初のキーポイントは、ピットストップ。

 メルセデスAMGとレッドブルが2対1の状況下で、17周目に3位バルテリ・ボッタスが先に動いた。だが、マックス・フェルスタッペンは18周目にピットインし、ボッタスのアンダーカットを阻止する。

 そしてアウトラップで飛ばしに飛ばしたフェルスタッペンは、翌19周目にピットインしたルイス・ハミルトンの前でターン1に飛び込んだ。つまり、1台のアンダーカット阻止ともう1台に対するアンダーカットを、1度のピットストップで同時にやってみせたのだ。

「ハードタイヤのアウトラップがよくて、そのおかげでルイスの前に出ることができた。アンダーカットが有効だというのは、僕らとしてもまったく予想外の展開だったよ。走り始めてすぐに、すごくグリップがあることがわかったんだ」

 しかし前に出ても、メルセデスAMG勢は背後からプレッシャーをかけ続けてきた。前夜からの雨で路面のラバーは流され、思っていた以上にハードタイヤの性能低下も進み、最後まで走り切ることができないかもしれない。また、メルセデスAMGはもう一度ピットストップする戦略に出るかもしれない。

 様々な変化が考えられるなか、レッドブルは残り21周でフェルスタッペンをもう一度ピットストップさせる決断を下した。それは、トップの座を捨てて20秒後方から追い上げ、コース上でメルセデスAMGの2台を抜かなければならないことを意味する。