2021.04.16

角田裕毅、F1第2戦に自信あり。「目をつむってでも走れるサーキット」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 角田裕毅も、レッドブル・ホンダも、今週末のエミリア・ロマーニャGPでは開幕戦で掴み損ねたものを掴み取るつもりだ。

 角田はバーレーンGPで9位入賞を果たした。だが、アルファタウリと自身のポテンシャルからすれば、目指していたのはこんなものではなかった。

アルファタウリ・ホンダを駆る20歳の角田裕毅アルファタウリ・ホンダを駆る20歳の角田裕毅 「僕としてはもうちょっとポイントを獲りたかったな、というのが正直な気持ちでした。もっと上のポジションを目指していましたし、実際にトップ6に入ることは可能だったと思います。

 9位っていうギリギリの(入賞)ラインだったので、そこまで満足できなかったし、そんなにうれしくなかった。ですけど、完走できたことで次のレースへの反省点だったり課題が見つかっていい準備ができたので、1戦目としてはすごくいいレースだったと思います」

 膨大なデータを分析してレース週末をじっくりと振り返り、うまくいかなかった点はしっかりと見直して学習してきたという。

 予選Q2でリスク覚悟のミディアムタイヤを選んだのは、角田自身の希望だった。

 失敗を恐れずに攻めて限界を経験し、ミスを犯したならそこから学ぶ。開幕前から言い続けてきたスタンスを貫いた結果だった。

「チームとしては僕がミディアムタイヤでQ2を突破できるか自信を持てなかったようで、Q2のタイヤをどうするか聞かれたんですけど、僕はピエール(・ガスリー)と同じ戦略にしてくれと言ったんです。クルマのパフォーマンスはすごくよかったので、ミディアムでQ3に行けるという自信があったんです。

 それに、こういう機会もそう多くはないと思ったので、今後のためにもミディアムでチャレンジさせてくれと頼みました。それがうまくいかなくてQ3には行けませんでしたけど、インプルーブしなければならない改善点が見えたわけですし、今後に向けていい経験になったと思います。次はその経験を生かして、しっかりとQ3に進めるようにしたいと思っています」