2021.04.21

角田裕毅はミスを猛省。レッドブル・ホンダは今季初勝利で手応え十分

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 角田裕毅にとって第2戦エミリア・ロマーニャGPは、これ以上ないほど苦いレース週末になった。

 開幕戦で手応えを得たアルファタウリ・ホンダのパフォーマンスを、オフの間にとことん走り込んだ地元イモラで結果に結びつける。レース週末前から角田は、はやる気持ちを隠そうともしなかった。

予選でマシンを大破させてしまった角田裕毅予選でマシンを大破させてしまった角田裕毅  しかし、金曜に電気系トラブルで走行時間を失ってドライビングのビルドアップに後れを取り、土曜午前のFP3でもトラフィックに引っかかってしまい、100%満足のいく確認走行ができないまま予選を迎えることになった。

 そして予選Q1のアタック1周目、100km/h以上のスピードで右・左とクイックにマシンの向きを変えるバリアンテアルタでクラッシュ。ギアボックスが折損してリアエンドが脱落するほどの大きなダメージを追い、決勝は最後尾からスタートすることとなってしまった。

「今週末のマシンのパフォーマンスを考えると、Q1という早い段階であんなふうにプッシュする必要はなかった。そんな状況のなかで、どうしてあそこまでプッシュしてしまったのかわかりません。僕のミスだし、そこから学ぶしかないと思います」

 アルファタウリAT02の性能があれば、Q1で下位5台に入ることはない。つまり、限界ギリギリの走りをするような場面ではなかった。

 そんなQ1の、それも計測1周目のバリアンテアルタで、無意識のうちにいつもよりも何十メートルも奥までブレーキングを遅らせてしまっていた。そのためオーバースピードでシケインに侵入し、暴れるリアを抑え切れずにクラッシュしてしまった。

 無意識のうちのオーバードライブ。角田が開幕前からことあるごとに口にしていた「ミスを恐れず攻めて、マシンの限界を学ぶ」というのとは、明らかに違うミスだった。

 角田は「ミスをしたあとはいつもよく眠れないけど、とくに昨日はそうでした。そのくらい、僕にとってはすごく大きな出来事だったということです」と土曜の夜を振り返る。