2021.04.22

佐藤琢磨の目標は「インディ500連覇」。新コンビで12シーズン目に挑む

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano
  • photo by AP/AFLO

 フロリダ州で行なわれる予定だった開幕戦が1カ月半延期されて第2戦となり、南部アラバマ州の常設ロードコースサーキット、バーバー・モータースポーツ・パーク(全長2.3マイル)で2021年のNTTインディカーシリーズが開幕した。

 感染予防対策で観客の上限は2万人とされたが、チケットは完売。レースは好天のもとで行なわれ、強豪チップ・ガナッシ・レーシングに抜擢されたスペイン出身の24歳、アレックス・パロウがキャリア初優勝を飾った。日本のスーパーフォーミュラで走った後、昨年インディカーシリーズにデビューしたパロウは天性のスピードと冷静さを併せ持つことをアピール。2シーズン目をトップチームで走るチャンスを掴み、最初のレースでいきなり優勝してみせた。2位は2014年チャンピオンのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)、3位はパロウのチームメイトで昨年6回目のチャンピオンとなったスコット・ディクソンだった。

インディカーシリーズに初挑戦から12シーズン目を迎えた佐藤琢磨インディカーシリーズに初挑戦から12シーズン目を迎えた佐藤琢磨  インディカー12シーズン目を迎える佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング=RLL)は、バーバーでの緒戦で好成績を挙げることができなかった。昨年はパンデミックにより、このコースでのレースはなし。2019年以来の開催だったわけだが、2019年にここで勝ったのが琢磨だった。しかも、ポールポジションから他を寄せ付けない圧勝だった。

 ところが今回、舗装が新しくされたツィスティでアップ&ダウンの多いコースは、RLLのマシンセッティングに合わなくなっていた。ラップタイムが一挙に2秒以上も速くなり、まるで違うサーキットになってしまったのだ。

 昨シーズンのRLLは、ロードコースでパフォーマンスが良くなかった。開幕前のテストが少なく、パンデミックによってシーズン中のテストは禁止に。さらに各レースウィークエンドに走れるプラクティスの時間も短くされたために、マシンのセッティングを向上させることができなかったのだ。

 2018年に琢磨が加入して以来、RLLはオーバル用セッティングの戦闘力を高めることには成功した。次なるテーマはロードコース、ストリートコースで速くなることだ。