2021.05.01

角田裕毅は「弱さ」を認めて強くなる。同じ過ちは、もう犯さない

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 F1第3戦ポルトガルGPの舞台「アルガルベ・サーキット」にやってきた角田裕毅は、晴れやかなスッキリとした表情をしていた。

 前戦イモラ(第2戦エミリア・ロマーニャGP)では予選と決勝で大きなミスを犯し、12位ノーポイントという結果に終わっていた。金曜フリー走行からトラブルが出て思うようにいかず、予選直前のFP3では苛立ちの無線が全世界に放送されてしまった。

角田裕毅にとって初めてのサーキットとなるポルトガルGP角田裕毅にとって初めてのサーキットとなるポルトガルGP  走り慣れたチームの地元イモラでは、目を見張るような好結果が現実的な目標として見えていた。それだけに、現実との差に焦りが募り、予選のクラッシュにつながってしまった。

「イモラは最も走り込んでいるサーキットということもあって、ここで大きくポイントを獲りたいという意気込みがあった。フリー走行からいい結果を残していって、予選では何ならトップ4くらいを狙いたいと思っていたんです。

 でも、それが逆に出てしまいました。過去の経験からも、そういうときこそ油断しがちなので、気をつけていこうとは思っていたんですけど......」

 フリー走行3回目でトラフィックに引っかかり、本格的なアタックが一度も完了できなかった。その苛立ちを予選まで引きずってしまった。

「後々調べてみれば、FP3のパフォーマンスは4番手くらいにいたんです。だけど、苛立ちから予選に向けてFP3の見直しをエンジニアとしっかりしていなくて、それを知らないまま予選に臨んでしまったこともあって無理をしすぎました」

 本当はプッシュする必要などない場面で、角田は無意識のうちにプッシュしすぎてしまった。F2時代に何度か犯してしまったミスだ。

「あのコーナーまでは結構うまく決まっていて、少し興奮しすぎたというか、1回も試したことがないくらいまで遅らせて奥でブレーキングしたんです。イチかバチかで行ってしまって、予想以上にリアが滑ってバリアまで行ってしまった。Q1でやるべきじゃなかったですし、本当にすごく反省しています」