2020.11.17

ミルがMotoGP王者に。猛追を実現したスズキのマシン特性とは

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●写真 photo by Takeuchi Hidenobu

2020年のチャンピオンとなったジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター) おそらく、世界中のスズキファンが歓喜の叫び声を上げたことだろう。

 第14戦バレンシアGPで、MotoGP2年目の23歳、ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)が7位でゴールし、2020年のチャンピオンを獲得した。スズキにとっては20年ぶり、2000年にケニー・ロバーツ・ジュニアが500ccクラスで総合優勝を達成して以来の快挙だ。つまりこれは、MotoGP時代初のライダーズタイトル獲得である。ファンにとっては、快哉(かいさい)を叫ぶなというほうが無理な相談だろう。

 今シーズンのミルとスズキは、どこよりもぬきんでた高い安定感を発揮して、シーズン中盤以降は圧倒的な強さと粘りでライバル陣営を凌いできた。しかし、彼らは決して開幕当初からチャンピオン争いを期待されていたわけではない。

 新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延により、MotoGPクラスの開幕が7月にずれ込み初戦となった第2戦スペインGPでは、ミルは決勝レースを転倒リタイア。チームメイトのアレックス・リンスも予選で転倒して右肩を骨折した。3週連続で開催して1週休み、また3週続くという緊密な展開が続く今年の特殊なカレンダーでは、負傷などによる欠場はチャンピオンシップを争ううえで大きなダメージになる。

 実際に、シーズン序盤の3レースを終えた段階で、ミルは2回の転倒ノーポイントによりランキングは14番手。リンスも、負傷翌週に参戦復帰を果たしたものの、ランキングは10番手。チャンピオン争いという意味では、スズキの選手は2名ともかなり厳しそうな位置に沈んでいた。