2020.11.17

ドリフト界のアイドルは努力の人。仕事掛け持ちで貯金して買った車は?

  • 川原田剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

速く、美しく、挑戦し続ける女性ドライバーたち 
第4回 下田紗弥加 

下田紗弥加のフォトギャラリーはこちら>>

近年、世界のモータースポーツを統括する国際自動車連盟(FIA)や自動車メーカーが若手女性ドライバーの育成・発掘に力を入れ始めた。いまだ男性中心の競技ではあるが、サーキットレース、ラリー、ドリフトなどで活躍する女性ドライバーは増加傾向だ。そこで、国内外のさまざまなカテゴリーで挑戦を続ける日本の女性ドライバーにインタビューした。

第4回は、ドリフトドライバーの下田紗弥加。ドリフト競技の最高峰D1グランプリシリーズ直下に位置するD1ライツに参戦している。普段はキュートな笑顔を見せる下田は、ひとたびマシンに乗れば、500馬力オーバーのクルマを手足のようにコントロールし、ド派手なドリフトで観客を魅了。憧れる存在はアメリカのインディカーで女性ドライバーとして唯一優勝したダニカ・パトリック選手。「ドリフト界のダニカ・パトリックを目指します!」と意気込むドリフト界のアイドルに話を聞いた。



D1ライツに参戦しているドライバーの下田紗弥加
 
もともとスポーツが好きで、小さい頃から水泳や陸上などをしていました。中学からはバレーボールを本格的に始め、高校でも続けてプロを目指していたのですが、ケガに悩まされてその道は断念しました。

 私の両親がクルマ好きで、小さい頃、お母さんが(ドリフトマシンとして今も人気の)日産シルビアに乗っていて、いろんなところに連れていってもらっていました。多分、クルマ好きの血があったんでしょうね(笑)。私もスポーツカーが大好きで、モータースポーツにも興味がありました。

 でもモータースポーツはすごくお金がかかる世界だと知っていましたので、関わることはないと思っていました。ただバレーボールをやめた後、「このまま真剣に打ち込むことがない人生はどうなんだろう......?」と疑問を感じながら生きていました。自分の好きなことは何かと真剣に考えた時、頭に浮かんだのがやはりモータースポーツでした。

 たまたまお台場で開催されていたD1のエキシビションを観戦したのもその頃でした。会場でドリフトするマシンを見た瞬間、「走りたい!」と思ったんです。とはいえ、私の家はモータースポーツをするための資金を出してもらえるほどの余裕がなかったので、自分で働いてお金を稼ごうと決意しました。それから数年間は車を持たずに電車で通勤し、仕事をいくつか掛け持ちしてひたすら働きました。