2020.09.03

MotoGPホンダの神童ダニ・ペドロサ。苦難を戦い抜いた小柄なヒーロー

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

【フォトギャラリー】セナ、シューマッハ...。凄腕F1カメラマンがとらえた歴史的瞬間

MotoGP最速ライダーの軌跡
(6) 

ダニ・ペドロサ 上 

世界中のファンを感動と興奮の渦に巻き込んできた二輪ロードレース界。この連載では、MotoGP歴代チャンピオンや印象深い21世紀の名ライダーの足跡を当時のエピソードを交えながら振り返っていく。 6人目は、ダニ・ペドロサ。非凡な才能と誠実なキャラクターでファンを魅了したペドロサの歩みをたどっていく。 

 スペインのMotoGPにかける期待を、この人が一身に背負っていた時期がある。

2006年、中国GPでMotoGP初優勝を果たしたダニ・ペドロサ  ダニ・ペドロサが最高峰クラスに昇格したのは2006年。03年に最小排気量の125ccクラス王座に就き、04年と05年に中排気量の250ccクラスを連覇。3年連続で世界チャンピオンを獲得して、MotoGPへと駆け上がってきた。この時のペドロサはわずか20歳で、160センチにも満たない小柄な体躯(たいく)とも相まって、少年のような印象をまだ強く残していた。

 当時のMotoGPは、バレンティーノ・ロッシの第一次全盛時代ともいうべき時期で、強さの頂点を極めていた彼は、文字どおりレース界に君臨していた。スペイン人選手ではセテ・ジベルナウがライバルの一角を占めていたが、とはいえ、ロッシからタイトルを奪取できるほどの力強さを発揮していたわけではない。スペイン人のチャンピオンは1999年のアレックス・クリビーレ以降、長い空白期間が続いていた。

 そこに20歳のペドロサが登場した。