2018.08.23

インディ参戦の佐藤琢磨に不運。
だがチームには上位で戦える力がある

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 全長2.5マイルの高速トライアングル・オーバル、アメリカ東部ペンシルベニア州のポコノ・レースウェイで行なわれたインディカー・シリーズ第14戦は、アレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が予選3位からシーズン3勝目を飾った。

 第13戦ミッドオハイオに続く2連勝。シーズン終盤にきて、26歳のアメリカ人ドライバーが一気に実力を伸ばしている。これでロッシは、過去4回のタイトル獲得経験を誇る現ポイントリーダーのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)、昨年のチャンピオン、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)と、勝ち星数で並んだ。ポイントは2位で、ディクソンとの差を46点から29点に縮めた。残るは3レースだ。

ポコノでクラッシュに巻き込まれる不運に見舞われた佐藤琢磨 予選最速はウィル・パワー(チーム・ペンスキー)だった。2年連続でポコノを制しているパワーは、インディとポコノというふたつの500マイルレースを制する可能性大と見られていた。しかし、レースではロッシの速さが一段上だった。

 パワーは、レースが進むに連れて変化するコンディションに合わせてマシンを調整し、最後に笑う展開を目指していた。しかし、周回を重ねてもロッシの勢いは衰えず、逆にパワーは狙ったスピードアップを実現できなかった。

 ロッシがバックマーカーに引っかかってペースを落とし、差が縮まるシーンは何度もあった。だがそれをパスするか、前の車がピットへと消えると、その差はまた広がった。パワーはロッシ以上にバックマーカーのパスに時間を取られていた。トラフィック内でのマシンのハンドリングでも、先頭を走っていても、ロッシのほうが明らかに速かった。

 パワー陣営は勝負をあきらめず、ピットタイミングをずらしてフルコースコーションが味方してくれることを狙う作戦に切り替えた。しかし、奇跡がそんなに都合よく起こることはなく、ロッシ&アンドレッティが圧勝。パワー&ペンスキーは完敗を喫した。