2018.08.21

いぶし銀のデイモン・ヒル、
1996年の鈴鹿でビルヌーブを退け初戴冠

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

【短期連載】鈴鹿F1日本グランプリ30回記念企画

 1996年の鈴鹿F1日本GPは、ウイリアムズ・ルノーを駆るチームメイトふたりが主役となった。ひとりはデイモン・ヒル、36歳。そしてもうひとりはジャック・ビルヌーブ、25歳。年齢の開いた「二世ドライバー」同士の最終決戦に、鈴鹿サーキットはレース前から熱気にあふれ返っていた。

F1日本GP「伝説の瞬間」(1)から読む>>>

F1史上初の親子二代にわたる世界王者を成し遂げたデイモン・ヒルF1日本GP「伝説の瞬間」(3)
デイモン・ヒル、最終戦で悲願のチャンピオン決定(1996年)

 バブル経済が弾け、アイルトン・セナがこの世を去ってF1ブームにも翳(かげ)りが見えて、1996年は日本のファンにとっては盛り上がりにくいシーズンだったかもしれない。しかし、コース上では濃密なドラマが繰り広げられていた。

 2度の世界王者であり、「初代モナコマイスター」として鳴らしたグラハム・ヒルの息子デイモン・ヒルと、無冠のまま事故死を遂げながらも、情熱的なドライビングでエンツォ・フェラーリに愛され続けたジル・ビルヌーブの息子ジャック・ビルヌーブ。そんなふたりの「二世ドライバー」による、豪華で見応えのあるチャンピオン争いが繰り広げられたシーズンだった。

 セナの後を継いでウイリアムズのエースとなりながらも、2年連続でミハエル・シューマッハ(ベネトン)の前に敗れたヒルにとって、1996年は最後のチャンスだった。夏前にはこの年かぎりでチームから放出されるとの噂が流れ、モンツァでそれは真実となった。

 その一方でビルヌーブは、この年デビューの新人ながら初戦でポールポジションを獲得し、ファステストラップも記録。残り4周でマシントラブルが起きるところまでレースをリードするという速さを見せ、人々の度肝を抜いた。彼はインディ王者の実績を引っさげてきただけでなく、実戦前に1年間にわたってF1でも入念なテスト走行を繰り返してきた。そして何より、あのジルの息子であり、アグレッシブで人を惹きつける走りの才能を持っていた。