2017.10.25

アロンソ怒る「エンジンはクソだ!」。
ホンダは残り3戦で挽回なるか

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

「このエンジンはクソだ! またクソに戻ってしまった!」

 第17戦・アメリカGP決勝後のデブリーフィングで、フェルナンド・アロンソはそう言って怒りを露わにした。予選で「これ以上は無理」という渾身の走りでQ3に進出し、8番グリッドからスタートして7位を走行していた矢先の24周目、突然パワーを失った。

アメリカGPは厳しい結果となったバンドーン(左)とアロンソ(中央) MGU-H(※)の冷却水圧が下がり、制御コンピュータがそれを検知してフェイルセーフ(安全装置)でターボとMGU-Hの作動を停止させたためだった。

※MGU-H=Motor Generator Unit-Heatの略。排気ガスから熱エネルギーを回生する装置。

「僕らとしてはアメイジングなパフォーマンスを発揮することができたと思う。予選のアタックラップもすごくよくてトップ10に入り、好スタートを決めて、特に何の幸運もなかったのに自力で7位を走っていたわけだから7番目の速さがあったと思うし、今日はポイントに値するはずだったのにね。残念だよ」(アロンソ)

 ホンダの現場運営を統括する中村聡プリンシパルエンジニアは、アロンソの怒りも当然だという思いで受け止めていた。

「僕らとしても『そりゃそうだよね』と思います。フェルナンドはあのまま走れていればポイントは獲れたはずだし、完全にウチのせいですから。こういう結果に終わるのは本当に不甲斐ない。僕らだってこんな短命で壊れるとは思っていないし、万全を期してポイントを獲るつもりできましたから、ショックはかなり大きいですよ……」