2017.10.26

レベルの高さをガスリーも絶賛。
かつての「日本からF1」ルート復活へ

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 熾烈なシリーズチャンピオン争いに注目が集まった全日本スーパーフォーミュラ選手権の最終戦・鈴鹿。当初は10月22日に決勝レースが行なわれる予定だったが、台風の接近により決勝レースは中止に。その結果、第6戦終了時点でランキングトップにつけていた石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)がそのまま2年ぶり2度目のチャンピオンを獲得した。

ピエール・ガスリーは9月末のマレーシアGPでF1デビューを果たした 戦わずしての決着という、どこか不完全燃焼な結末となってしまったが、同時にスーパーフォーミュラに対する世界からの注目度が上がっていることも感じられた週末だった。

 9月末のマレーシアGPでトロロッソからデビューしてF1ドライバーの仲間入りを果たしたピエール・ガスリー(フランス/TEAM MUGEN)は、続く日本GPにも参戦した。しかし、ランキング2位で迎えたスーパーフォーミュラ最終戦はF1アメリカGPと日程が重なっていた。どちらのレースに出走するのか注目されるなか、ガスリーはスーパーフォーミュラでのタイトル獲得挑戦を優先して日本に戻る決断をする。

 ところが、台風21号の接近と秋雨前線の影響で、金曜日の専有走行から鈴鹿サーキットは雨模様に。土曜日の公式予選も悪天候でコースオフする車両が後を絶たず、その度に赤旗中断になるセッションとなってしまった。結局、予選はQ1で終了し、夕方には台風の影響を懸念して翌日の中止決定が主催者から発表。ドライバーズタイトルは石浦が手にし、ガスリーは0.5ポイント差のランキング2位でシーズン終了となった。