インディカーで「内部抗争」か。
若手スターの無茶な走りに王者が激怒

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 まさかニューガーデンが、そんなパジェノーの人の好さにつけ込んだ戦いをするとは思えないが、後にシコリを残さないフェアな戦いを見せてほしいものだ。

 といっても、まだこの2人のどちらかがチャンピオンになると決まったわけではない。4回のタイトル獲得経験を誇るスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング・チームズ)はニューガーデンと31点差の2番手につけているし、エリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)も42点差で3番手にいる。最終戦のソノマはダブルポイント(ポイントが通常の2倍になる)であり、彼らが2017年の王座を手にする可能性もまだまだ大きく残されている。

■モータースポーツ 記事一覧>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る