2017.08.31

中嶋悟も感激のフィナーレ。
鈴鹿1000kmで10年ぶりのGT優勝

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 ジェンソン・バトンや小林可夢偉の参戦で例年以上に注目を集めたスーパーGT第6戦「インターナショナル鈴鹿1000km」。8月27日に行なわれた決勝レースでは、中嶋悟総監督が率いるナンバー64のEpson Modulo NSX-GT(ベルトラン・バゲット/松浦孝亮)が優勝を飾った。

「最後の鈴鹿1000km」でトップを快走するナカジマレーシング 鈴鹿サーキットで行なわれる真夏の耐久レースとして定着していた鈴鹿1000kmだが、来年から新しく「鈴鹿10時間耐久レース」がスタートすることに伴い、1966年から開催される伝統の耐久レースは今年が最後。スーパーGTの鈴鹿ラウンドも5月に移動し、来年からは通常の300kmレースとなる。

 その「最後の鈴鹿1000km」を制したのは、ナカジマレーシングだった。日本人として初めてF1フル参戦を果たした中嶋悟が総監督を務め、国内のさまざまなレースカテゴリーに古くから参戦。スーパーGTのシリーズに組み込まれる前の鈴鹿1000kmにも挑戦していたほど、歴史の長いチームだ。フォーミュラ・ニッポン(現スーパーフォーミュラ)では合計4度のチーム・ドライバーズタイトルを獲得。だが、スーパーGTではなかなか好結果を得られずに苦戦が続いていた。

 今年は来日4年目となるベルトラン・バゲット(ベルギー)と、かつてインディカーシリーズに参戦していた松浦孝亮のコンビで挑戦。序盤戦は苦しいレースを強いられていたが、徐々に調子を上げて第4戦のSUGOで8位入賞を果たした。そして迎えた第6戦・鈴鹿。獲得ポイントが少ない分、軽いウェイトハンデで臨めたこともあって、ナカジマレーシングは予選4番手を獲得する。